2016年04月18日 | コメント (0)

体験入店のススメ

面接が終わると体験入店をしてみませんかという打診があれば面接自体は合格したと考えて良いでしょう。
では、体験入店のポイントや注意しておくべきことについてご紹介していきます。

講習の有無を確認しましょう

未経験の女の子の場合、お仕事の内容自体なにも知らないということもあると思いますし、お仕事の内容をきちんと把握するためにも講習は受けておいたほうが良いでしょう。
お店によっては講習が無いお店などもありますので、体験入店をススメられたら講習の有無はまず確認するようにしましょう。

講習の内容を確認しましょう

講習の方法はお店によってかなり差があります。
基本的にはDVDを見て教わる方法や、実際にスタッフに対して行う方法、スタッフに口頭で教えて貰う方法などがあります。
講習では主にサービスの内容やサービスの流れなどについて行います。
サービスの内容や流れについては、お店によって違いますので、講習でしっかりと把握をしておきましょう。
デリヘルであれば、待機場所や自宅からホテルなどに移動し、ホテルでの準備や料金の精算などを済ませたりしますね。
基本的には移動・準備・精算・サービス提供という流れですが、細かい点はお店によって違いますので間違えないようにする必要があります。

最低限のマナーは必ず守りましょう

まず、遅刻は絶対にしないようにしましょう。

デリヘルのお仕事は時間が非常に大切なお仕事です。もしお客様からサービスの依頼があった場合、女の子の出勤が30分遅れてしまうと、そのお客様を差30分以上待たせてしまうことになってしまいます。
当日は体験入店の新人としてHPなどで告知して予約が入ってしまう可能性もあり、そんな場合の30分以上の遅刻は非常に心象が悪くなります。

スタッフの人への対応は節度とマナーを守って対応しましょう。

スタッフの人はもし入店した際には一番お世話になる可能性が高い人たちですので、ここできちんとコミュニケーションを取れるようにしておくと、入店した際にいろいろメリットが有ります。

体験入店での給与をチェック

体験入店も、基本的に入店した際のお給料と同じです。
ですので、どういった給与体系で、実際に1日働いた場合どれくらい稼げるのかや、どれくらいお金が手元に残るのかなどをきちんと確認します。
その際は、普通に入店した場合に女の子が大体どれくらいお客様の対応をしているのかなどをスタッフの人に確認すると良いでしょう。
もし、待機所が女の子が同じ場所に集まるタイプの場合は、思いきっていろいろとそこで相談してみましょう。

また、たまに体験入店でお給料を払わないお店も存在するようです。
こういったお店はそのまま入店したとしても思ったように稼げない可能性が高いですし、女の子を大事にしていない可能性が高いので入店しないほうが賢明です。

お店のフォロー体制をチェック

お店が新人や未経験者をサポートする体制があるか、そういったフォローがあるかを確認しましょう。
未経験の女の子や新人の女の子の場合、お店がサポートをしてくれないとお客様を捕まえることが難しいので、せっかく入店して出勤していても、結局待機している時間のほうが長くなってしまうといった可能性も出てきます。
そういったサポート大勢は、そのお店のホームページを見たり、スタッフの電話対応などを見ていればわかると思います。
まず、新人や未経験者をサポートしようとしている場合、ホームページに新人情報などが掲載されていると思います。
もしくは、電話の際に新人の子を積極的に勧めているかなどを確認すればよいでしょう。

送迎スタッフの対応もチェック

デリヘルの場合、お店によっては完全に車送迎だったりもしますので、車の送迎スタッフとはかなり長い時間を共有しますので、送迎スタッフとうまくやっていけそうかなどをチェックしましょう。
また、送迎スタッフの人が信頼できそうかなどをチェックしておくのも重要です。送迎スタッフは仕事柄女の子の自宅への送迎なども行ったりもしますので、信用できる人かどうかをきちんと見極めましょう。

最後にお店の集客力をチェック

お店の集客力というのは、稼げうようになるためには必須です。
いくら女の子が素晴らしくても、お客様が全く来ないのであれば全然稼げるようにはなりません。
待機室があるお店であれば、電話の寮で大体の集客力がわかると思います。
大体の電話の本数と在籍している女の子の数を把握すれば、大体自分にどれくらいお客様が付き添うかを想像することができます。
待機所に他の女の子がいる場合は、これも思い切って直接聞いてみるのも良いでしょう。

お店はこんなところを見ています

ここまで書いてきたのは、女の子がお店を評価するためのチェック項目でした。
基本的には体験入店をしている段階で、入店自体はほぼ確実にできるようになっていると思いますが、お店は体験入店でも女の子のことをまだいろいろとチェックしています。
まず、スタッフやお客様への対応などを確認しています。これは、体験入店だからということでは無いですが、お店でやっていけそうかなどを見ています。
お店からしても一度入店した女の子には稼いでもらいたいですし、できれば長く働いてもらいたいものですので、どうすればうまくやっていけそうかなどを見ています。
また、女の子の性格や人柄を見ています。
これは、きちんと時間を守りそうな子なのかや、そういった点を確認しておくことで、お店としてプッシュすべきか、それともあまりススメないかなどを検討しているはずです。
これは、時間を守らない女の子などの場合、出勤予定を見て予約を入れてくれたお客様に対して問題が発生してしまう可能性があるからです。ドタキャンなどをされてしまうと、もちろんクレームにもなりますので、そういった加減をするためにも、性格をよく見ています。

体験入店

体験入店後はお店の人に、入店するかどうか、するのであれば次の出勤日はいつにするのかなどのお話があると思います。
もし入店してもいいと思った場合はそのままスタッフにその旨を伝えて、出勤日を調整しましょう。
予め働ける日などは検討しておくと、お店への心象も良いでしょう。
もちろん、体験入店したからと言って必ず入店しなければいけないわけではないので、無理な場合はきっぱりとその旨を伝えましょう。

お店によっては1日体験等、もともとお試しで募集しているものなどもありますので、そもそもデリヘルで働けるかどうかを確認したい場合は、そういったお店での体験入店をしておくと安心です。

2016年04月15日 | コメント (0)

未経験者必見!10分でわかるデリヘル面接攻略(予備知識編)

デリヘルといっても高級デリヘルや一般的なデリヘルなど、様々なお店がありますので、それぞれに合わせた採用基準というものがあります。
以前の記事でご紹介したのは、あくまでも一般的なデリヘルのことです。
今回は予備知識編として、高級デリヘルについてご紹介していきます。

高級デリヘルについて

まず、高級デリヘルについて考えてみましょう。
高級デリヘルでは、一回のサービスの金額が高額なため、客層が一流の人が多く揃うことになります。
そんな人の対応をしていくことになりますので、当然、一般デリヘルと同じような対応はしていません。
スタッフも電話対応などからして一般デリヘルとは全くちがったレベルでの接客を行っています。
つまり、一流の人を相手にするわけですから、雑な対応はできませんし、最低限以上のマナーを持ちあわせておく必要があります。

高級デリヘルの面接

高級デリヘルの面接は、電話対応から全て始まっています。
スタッフもそうですが、女の子にももちろん最低限以上のマナーや礼節が求められます。
もし雑な対応や言葉遣いをしていた場合、それだけでクレームになりかねません。
そのため、高級店にふさわしい対応を心がけましょう。

こういったことを書くと、ものすごくマナーがきちんとしていないと高級デリヘルで働けないと思う方もいらっしゃリますが、そうではなく、きちんとした対応と言葉遣いができれば大丈夫です。
「挨拶もない」「敬語を使っていない」「上から目線での話し方」といったことがなければ良いのです。

高級デリヘルの場合、面接に向かう前から採用の可否に影響があることを肝に銘じてください。

高級デリヘルで働くことができれば、他の風俗店でも簡単に働くことができるでしょうし、高収入生活への第一歩です。

2016年04月14日 | コメント (0)

未経験者必見!10分でわかるデリヘル面接攻略

デリヘル未経験の女の子の場合、風俗業界へ足を踏み入れるのは勇気が入りますよね。
そんな初めてのことばかりの風俗業界への入り口である面接で、どうしたら失敗せずにきちんと入店までこぎつけられるかを徹底的に解説します。

風俗の面接の特徴

風俗の面接は、普通の就職やアルバイトの面接とは少し違うと考えている女の子が多いようですが、実際にはあまりかわりません。
ですので、きちんとツボをおさえた対応をすることで、面接を攻略できるようになります。
ただ、少し違うのが、働気出せる年齢が決まっているので、18歳未満で無いかどうかを確認することです。
そのため、運転免許証や保険証等の身分証明書を予め確認し、コピーを撮るという作業があります。
女の子からすると入店するかどうかもわからないお店に身分証明書を預けたりするのは不安かもしれませんが、お店側としても、もし18歳未満の女の子を雇ってしまっていた場合、お店を締めることにもなりますので、大事な作業となります。
また、ここで渡した身分証明書が悪用されるという話は聞かないので、安心して良いと思います。
これは、もし悪用される自体が広まったりした場合、女の子が不安で面接にすらきてくれなくなってしまうため、自浄効果が働いているのではないかと思います。

お店の選定(職種)

デリヘルで働こうと考えた時、働きたいお店を探す必要があります。
未経験の女の子の場合、まずはお店のことを調べてしまうと思うのですが、まずはデリヘルのサービス内容などについて基本的な知識を頭に入れておきましょう。
そうすることで、お店選びがぐっと確実なものになります。
まず調べておくべきことは、そもそもデリヘルを含め、風俗全般のサービス形態やメリット・デメリットを調べておきましょう。もしかしたらあなたの個性によっては他の風俗の職種のほうが稼げる可能性もあります。
例えば、お客様の顔を覚えるのが得意で、コミュニケーション力が高く、お酒が大好きなのであれば、もしかしたらキャバクラのほうが稼げる可能性があります。
もちろん、容姿などとの兼ね合いなどもあると思いますが、何も考えずに稼げそうだからデリヘル・ソープなどというのではなく、いろいろと調べて検討した結果、「自分が稼げるのはデリヘル」というようにしておきましょう。

お店の選定(店舗)

きちんと職種を調べたらお店を探し始めます。
お店を探す際に注意しなければ池なのが「お店のコンセプト」です。
デリヘルもかなりの店舗がひしめき合っており、各店舗個性を出して出店しています。
そのため、お店を選ぶ側もそのお店のコンセプトにあっているかどうかをきちんと確認しましょう。
その際、なるべく自分を客観視するために、自分の特徴を紙にメモをする窓して、お店を探している時にぶれない用にしましょう。
もちろん、「こういったお店で働きたい!」というのも重要ですが、せっかくデリヘルで働くのであれば思いっきり稼げるお店にしましょう。
それに、お店のコンセプトにあっている方がスタッフの人もお客様に自分のことを勧めてくれやすくなるので、お仕事もスムーズに進められることになりますので、メリットのほうが大きいです。
しかも、デリヘルの場合、決まった店舗で働くというのではなく、サービス提供先はホテルやお客様のご自宅だったりするので、スタッフの方とtのやり取りがスムーズな方がお仕事を続けやすいです。
自分がコンセプトにあっているかどうかを知るには、お店のホームページなどをみて、自分の容姿・体系に近い女の子がいるかなどをチェックすると良いでしょう。

お店の選定(絞込)

大体のお店を選定したら、今度は面接をするためにお店を絞り込んていきます。
お店を絞り込む際に重要なのが
 ・「儲かっているお店か」
 ・「集客できているお店か」
というところです。
これはどういうことかというと、いくら自分の理想のお店だったとしても、お客さんがいなければ稼ぐことができません。
これはお店の集客努力ですので、ここができていないお店では働かないほうが良いでしょう。

次に大事なのがお店の評判です。
これは、インターネットなどで選定したお店を調べて見ると良いでしょう。掲示板などで調べる場合は直接生えが出ることはまれなので、もし直接生えがでて批判されている場合は注意が必要です。

次に、働く条件で絞り込みます。
おそらく多くの女の子がお店の選定をここから始めているでしょう。
1日◯万円稼げて自由出勤のお店〜などと言った絞込をいきなりしてしまうと、自分にあっているお店を探せない可能性があるので、あくまでも少しづつ絞り込んでいって、理想の店舗がなければ何かを妥協してお店を選ぶといった形のほうが良いです。
お店もたくさんあって比較検討などをするのはすごく大変ですが、これから働いていく先を探しているわけですので、安易に選ばず、しっかりと選定しましょう。

面接の予約

お店が2−3店舗に絞り込めたら、面接の連絡をします。
お店には優先順位をつけておいて優先度の低いところから面接の予約をします。

これは、初めての面接は非常に緊張しますので、何件か面接をえてから本命の面接を受けるようにしましょう。

面接の予約には幾つかの方法があります。
・メールでの面接予約
・LINEでの面接予約
・電話での面接予約
この他にもお店独自の予約方法があったりもしますので、まずは選定したお店の採用・求人ページを確認してください。

最近はインターネットが発達しているので、文字で予約が取れるようになって、心理的な負荷が下がってきています。

面接の予約では、面接の場所・日時などをきめます。
普通の面接と違うのは、必ずしもデリヘルの事務所にいって面接を受けるというわけではないということです。
最近のデリヘルは身バレの対策をかなり行ってきていて、面接といえども、女の子が安心して面接できる場所での面接が可能になっています。

面接の服装

面接の際の服装は、私服で大丈夫ですが、あまりカジュアルすぎない服装にしましょう。
小綺麗な服装を心がけるようにすれば問題ありませんので、無理にスーツやフォーマルな恰好にする必要はありません。

服装がだらしないと、第一印象が悪くなってしまい、面接には通っても条件を下げられるなどの可能性もありますので、注意しましょう。

面接の化粧

化粧も普段通りで問題ありません。お店のコンセプトに合わせたほうがいいと思う女の子も多いようですが、そんなことはありません。
面接の際はなるべくナチュラルメイクを心がけ、清潔感を出すようにしましょう。
あまりケバ過ぎると女の子の本来の特徴などがわからなくなるので、むしろ不利になるかもしれません。

面接の準備

面接の日程がきまったら、面接の準備を行います。
デリヘルで働くにあたって不安な点をメモ帳などにメモしておきましょう。
また、面接をするお店の条件をきちんとまとめておき、面接の際に確認できるようにしましょう。
これはよくあることですが、求人情報に記載されていた内容を言葉だけで判断して、実際はどういうものなのかを確認せずに入店してしまうと、あとで「こんなはずじゃなかった」と思うことになってしまいます。

面接当日

面接には必ず遅刻しないように向かいましょう。電車の遅延などでやむを得ず遅れてしまう場合は必ず早めに連絡を入れておくようにします。これは、遅延などが発覚した段階で連絡するくらいのほうが面接官の印象は良いです。

デリヘルのお仕事は時間で料金が変わります。そのため、時間にだらしない女の子は嫌われます。
時間は大事なものという意識を持って行動するように心がけましょう。
面接は基本的にお店の店長もしくは幹部の方が行います。

面接の詳細な流れはお店によって違いますが、志望理由やお金がどれくらい必要かなどを聞かれます。
もちろん性的な質問もあるので、心の準備をしておきましょう。

面接の後

面接の最後に、「体験入店」を進められると思います。
基本的にお店の人から体験入店を勧められた段階で、面接は通ったと考えてよいです。
お店としては問題ないので、一度働いて見ませんか?ということですね。

この体験入店については、受けても良いですし、断っても問題ありません。
ただ、実際に働き出す前にかならず体験入店はしておいたほうが良いです。

体験入店をすることで、スタッフの対応や客層などを見ることができますし、待機している間に他の女の子と離してお店の状況を知ったりすることができます。

2016年04月12日 | コメント (0)

違法風俗店に気をつけましょう

これは特に未経験の女の子が陥りやすいので注意が必要です。

具体的には
・警察に風営法に基づく届け出を行っていない。
・18歳未満の女の子を雇っている
・本番行為を強要する

といったことをやっているお店のことです。

風営法に基づく届け出を行っているかどかは求人サイトを利用することでわかると思います。
求人サイトに載せているお店は最低限届け出は行っていると思われます。

しかし、18歳未満の女の子を雇っているというのは非常にわかりづらいです。

しかも、こういったものは表立って募集をしていることもないでしょうし、なかなか表には情報は上がってきにくいです。

こういった本番行為を強要したり、未成年者を雇っているかどうかなどは、デリヘルなどの掲示板を検索したりしてインターネットで調べてみましょう。
表立って噂が流れることはなくても、インターネット上では噂になっている可能性があります。

インターネット上で噂になる時はお店の名前は伏せられていたりもするので場所やコンセプトなどで判断しましょう。

また、入店時にそれとなく探って見るのも良いでしょう。

タグ:
2016年04月12日 | コメント (0)

体験入店で面倒に巻き込まれないための方法

デリヘルで働いていると、お客様と女の子の2人だけの空間になるため、犯罪や問題行動などが起こりやすい環境となってしまいます。

デリヘルの場合、電話番号などがわかっているので、レイプや監禁などのすぐに足が付きそうな犯罪というのは実際には起こりにくいです。
なぜなら、これらは女の子とお店がきちんと協力していればすぐに発覚するからです。

一定時間内の報告や始まり・終わりの連絡などがなければ当然スタッフが怪しんで乗り込んで来ることになります。

また、お客様は日本人だけとは限りません。近年では中国などの海外からのお客様も増えてきているようです。

特に、観光地のような場所でデリヘルをおこなっていると多く遭遇することになります。

こういったお客様の場合、デリヘルの基本的なサービス内容を勘違いしていたりする可能性があるので、注意が必要です。

タグ:
2016年04月12日 | コメント (0)

入店でお給料が保証されるお店?

デリヘルなどでは出勤するとお給料が保証されているお店があります。

そういった保証は1日◯時間働いたであったり、指名を1日◯件とっている場合に1日あたりのお給料が保証されるというものです。

もちろん金額が高くなるにつれて条件が厳しくなってきます。

ただ、お店によっては入店して普通に勤務さえしていれば保証をしているお店もあります。

大体金額は2万円ほどですが、これは一切お客様がつかなかった場合でももらえるお金ですので、1ヶ月間一切お客様がつかなかったとしても、きちんと毎日出勤していれば月に40万円を稼げる計算です。

こういった仕事は、同じ日に出勤している女の子によっても自分に仕事が来るかどうかが左右されるので、こういったキチンと出勤していれば保証がでるというお店は優良なお店ですので、そういったお店を探しましょう。

タグ:
2016年04月12日 | コメント (0)

今年の夏は北海道出稼ぎでガッツリ稼げる

今年は北海道新幹線が開業したので、今年の夏は例年よりも観光客が増えることが見込まれます。

特に今年は1年目なので、珍しがって利用する観光客の方が増えることは必至です。

北海道で出稼ぎがおすすめ

こういった突発的な観光シーズンはお店も女の子が足りなくなるので、お店も出稼ぎを多く募集していると思いますので、いいお店を見つけて出稼ぎをしましょう。

普段であれば首都圏には稼げる金額で上回ることはできませんが、こういったかき入れ時であれば首都圏で働くよりもお客様がつく可能性が高いので、北海道という避暑地で出稼ぎをしてみてはいかがでしょうか?

全てのお店が出稼ぎに対応しているわけではないので、なるべく出稼ぎに対応していて、寮などの住居を用意してくれるところを探しましょう。

2016年04月12日 | コメント (0)

未経験からのデリヘル嬢

初めてのデリヘルのお仕事で気をつけること

未経験の女の子の場合、初めてのサービスの時は緊張するものです。

そんな初めての接客の際に注意しておくべきことを簡単にご紹介します。

時間管理

これは初めてだとなかなか意識をしてサービスを提供するのが難しいです

サービス提供の前に時間を決めるので、時間を計測する必要があります。

未経験の女の子でありがちなのが、ついはじめに話し込んでしまったり、手順に戸惑ったりしてサービス提供の時間自体が短くなってしまう事があります。

また、あまりに時間を気にしすぎてサービスに集中できないなどの状況もありえますので、時間はきちんと管理できるようにしましょう。

タグ:
2016年04月12日 | コメント (0)

高級デリヘルで体験入店を

未経験の女の子が体験入店をするなら、まずは高級デリヘルを探して見ましょう。

一般店と高級店の違い

一般店と高級店では、求められているサービスの質が違いますので、体験入店の際の講習にも違いがあります。

それは、マナー講習的なものも含まれるというところです。

なぜなら、お客様は一般のお店よりも高額なお金を払って女の子に接客されているわけですから、体験入店といってもその点はきちんとしておく必要があります。

それをお店側もわかっているので、適当な講習でお茶を濁すようなことはありません。

マナーの大切さ

高級店ではお客様は単に性欲を発散させるためにきているのではなく、女の子とのふれあいを求めてきている方が多いです。

そのため、事務的にサービスを提供していたのでは高級デリヘル店では常連客を確保することはできません。

そんな高級デリヘルだからこそ、きちんとしたマナーを講習しています。

なぜ高級デリヘルで体験入店するのが良いか

一般店では講習の質があまり高くありません。そのため、未経験の女の子の場合は手順を覚えるだけでいっぱいいっぱいになってしまってきちんとサービスをすることができないかもしれません。

2016年04月11日 | コメント (0)

未経験ならはじめは体験入店を

未経験の女の子の場合、お仕事の内容を把握するためにも、1日体験入店をおすすめしています。

お店によっては体験入店であってもお給料を保証してくれているところもありますので、そういったお店を選ぶのも良いでしょう。

しかし、そういった保証も、それはお店の想定している時間や人数の稼働を前提としていたりとするので、そのへんはきちんと確認してから体験入店に挑みましょう。

未経験の女の子の場合は1日体験入店でも不安があるということもあると思います。

その場合は、まずは1人だけ体験入店できるかどうかを確認してください。

基本的には対応してくれるお店のほうが多いと思いますが、人気のあるお店などですぐに次のお客様が来てしまうような場合だと、難しいこともあるのではじめに確認しておきましょう。

obi1 Lineでお問い合わせ メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ